短歌7月号

秀逸(伊藤一彦選)

純粋に澄む青空にみどりごの落書きのごと白線ひとつ

佳作(蒔田さくら子選)

マゼンタに染む夕焼けを突き抜けて電車は夜の住宅街へ
[PR]

by 31life | 2007-06-25 22:27 | 掲載短歌  

<< 故郷 短歌研究7月号 >>