塔 8月号

鍋の中灰汁の渦を眺めゐるこれが一生続くのである

炊飯器開ければ御飯の真ん中に三角ブロックぶつさしてあり

股間より覗き込みゐるみどりごに逆さの我はほほゑみかへす

約束の指輪はいつまで輝くか紅さしゆびを空にかざせり

みどりごが目覚むるほどの落雷があり五秒後に葉に雨落つる音   飯村みすず
[PR]

by 31life | 2007-08-15 14:46 | 掲載短歌  

<< My Favorite 塔8月号 My Favorite 塔7月号 >>