塔 12月号


よし今日は風呂の掃除をすると決め眼鏡をかけて風呂に入りぬ   飯村みすず
帰り道小さき家の二階から煙草持つ手のぬらり出でをり
もう二度と許しはしないと云ひかけて握りしめをりタバスコの赤
泣いてゐる我の隣にのつそりと猫の座りて温くなりぬる
ビニールのアンパンマンの丸顔は朝に萎みぬ猫に咬まれて

[PR]

by 31life | 2007-12-15 15:43 | 掲載短歌  

<< 平成19年、自作短歌マイベスト 短歌研究詠草今年度結果発表 >>