My Favorite 塔10月号後編。

若葉集、作品2(栗木京子選、真中朋久選)からお気に入りを。

☆☆☆
夜にのむ水音耳の奥にきく若き日々など還らずともよし   塩谷登
みなづきの臓器軋みていたりけり曇天に聴く黒人霊歌   須磨岡繁

☆☆
あま辛く金目を煮たり雨の日は玄関までも醤油が匂う   山口絹子
母おきて帰るほかなきその朝にさらさらと研ぐ一人(いちにん)の米   数又みはる
裏口にひよつこり母は戻らむか手押し車に菜の花のせて   大川直子
大根を厚めに剥きてゐるうちに大袈裟になりゆく怒りあり   山地あい子
幼な子 がいやだいやだと泣きわめくそうだな俺もまったくいやだ   相原かろ
叱る子のいないキッチンなで肩のらっきょうむいて瓶につめゆく   黒瀬圭子
 

すべり台の裏を覗けば楷書にて百姓一揆と書かれていたり   乙部真実
まるでここに人生があるかのように スポットライトに佇むピアノ   黒沢優
ダンボールの箱で寝ている足出して人の欠片のようなりあわれ   明石森太
揺らめけど蝶にはなれぬコスモスが風のかたちをしきりに見せて   石原安藝子
かなしみのあふれくるときミント摘み抱へておりぬ眠くなるまで   ほうり真子
いちどきりキヤツチボールをしたときの原つぱにまだ父は佇(た)ちをり   久保茂樹
アンネ・フランク遺品発見報じゐし画面変わりぬ為替相場に   原夏子
もうだれもテストをしてくれない秋にものをおぼえることはさびしい   上澄眠
散り急ぐ花仰ぎつつ父さんより長生きしてと娘(こ)は不意にいふ   船曳弘子
洗う手を拒むかに固き石の上に刻まれし名の生前を知らず   三浦こうこ
楽章と楽章の間に拍手起き熱きものに触れたごとく消ゆ   吉澤ゆう子
独りには独りのよさがあるものの独りのよさは独りじゃわからず   美野冬吉
震度六示すテロップに右肩切られながらもタモリは笑う   沼尻つた子
[PR]

by 31life | 2007-10-17 15:55 | My Favorite  

<< 短歌11月号 塔 10月号  掲載短歌 >>