塔 3月号 掲載短歌

消音のまま動きゐるくちびるの濡れた表皮を見てをり我は  飯村みすず

こうやつて貴方をぢつと見てゐると貴方が誰かわからなくなる 

近づいて通り過ぎ行くせつなさよ今日もこの駅には止まらない

駆け足でのぼる歩道橋の上 無彩色になりさうな青

蟻みつめあのねあのねを繰り返す君 わたしのバスが行つてしまふよ
[PR]

by 31life | 2008-03-18 13:07 | 掲載短歌  

<< 塔 4月号 掲載短歌 題詠blog2008 003:理由 >>