<   2007年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 

「短歌研究」2007年2月号掲載短歌

<準特選 岡井隆選>

今日もまた失敗したよ玄関のひなげしに呟きながら靴脱ぐ

わたくしの不幸を背負いこみひなげしは尚鮮やかな紅を燃やせり

ひんやりとした廊下に頬をつけあなたの言葉を葬ってゆく

ひなげしの傷つくたびにぽくぽくと咲かせるその素直さが憎らし

ひなげしの見られたがりの紅色をあなたと一緒に笑いたかった



びっくりしました。2006年11月に短歌を書きはじめて、
12月に初めて雑誌に投稿しました。
それがまさか準特選に入ってしまうなんて、
運がいいとしか言いようがありません。

短歌がますます楽しくなったことに感謝します。

<以下、岡井隆評>
「ひなげし」で統一した佳作であるが、内容はそう単純ではない。三首目のひなげしは廊下に頬をくっつけたまま「あなた」の言葉を葬ってゆくのである。「ひなげし」とわたしの駆け引きの中に、ある種の人間批評がこめられている。
[PR]

by 31life | 2007-02-15 00:45 | 掲載短歌  

はじめに。

このブログは、
短歌初心者のわたくしが、
短歌を勉強するために立ち上げたブログです。

雑誌に掲載された自作の短歌があれば記録(発表)します。

勉強のために雑誌「短歌研究」「角川短歌」に短歌を投稿していますが、
常に投稿できるわけではないし、もちろん掲載されない場合も多いでしょうから、
短歌のアップは多くて月に2,3回だと思います。

2007年1月より、結社「塔」会員になりました。
投稿作品掲載は5月からです。

短歌を始めたのは2006年11月です。
超初心者ではありますが、一生の趣味として楽しんでゆければ幸いです。

文語体、旧かな使いが最終目標です。
が、まだ全然できません。がんばります☆
[PR]

by 31life | 2007-02-15 00:31 | 日記